膝の下の骨

子供のころに激しい運動をしてて、特にそれが飛んだり跳ねたりするものだと、
膝が痛くなる時があります。
骨に異常が出て、それはオスグッド・シュラッター病というものかも。
私はそうです。

脛骨結節(お皿の下の骨)が徐々に突出してきて、痛がります。
時には、赤く腫れたり、熱を持ったりします。
休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発、
私は運動をやめなかったので(なんで?)
すごい出ています。
そのまま大人になりました。

成長期の一過性の病気で、成長が終了すると、多くは治癒します。
この時期はスポーツを控えることが大切ですけど、
やめたくないんだよねー。

症状を強くさせないためには、大腿四頭筋のストレッチングやアイスマッサージなどを行って、
痛みが強いときのみ、内服や湿布をします。

しなかったなぁ・・・・。

オスグッドになっても生活に支障はないのですが、正座するときにちょっと痛いですね。
あとは、見ても「あ、この人オスグッドだ」って分かるので、
k女性は短いスカートをはくのは嫌かもです。

このブログ記事について

このページは、たかこが2017年11月 1日 17:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マイルールのある人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。